2010年05月07日

虐待の厳罰化訴え、神戸と川崎で主婦ら署名集め(産経新聞)

 こどもの日の5日、幼い子の命を守ろうと、神戸市と川崎市の駅前で、主婦らが児童虐待の厳罰化などを求めて署名集めをし、親子連れのほか、高齢者から高校生まで幅広い年代の人たちがサインした。

 街頭署名は、大阪市西淀川区で昨年4月、松本聖香さん=当時(9)=が母親らの虐待で衰弱死したとされる事件を機に始まった「ひまわり署名プロジェクト」(成田浩子企画人)が実施。虐待致死傷罪の制定や児童相談所と警察の連携強化などを訴えている。

 神戸市須磨区の市営地下鉄名谷駅前では、子育て中の母親らが街頭で、イベントに子供を連れて来た父母らに署名を呼びかけた。

 署名に協力した9歳と5歳の娘を持つ神戸市須磨区の保育士の女性(39)は、「職場で服がいつも同じだったり、お風呂に入れてもらってなかったりする子供を世話した経験がある。同じ親として悲しかった。少しでも力になりたいと署名しました」と話していた。

【関連記事】
相次ぐ児童虐待 「酒飲んでるので…」責任感欠く対応
地域で子育てを支える 自分らしい育児を見いだすきっかけに 
虐待の“気づき”の現場、学校 課題は連携強化
両親を傷害致死罪で起訴 1歳児虐待死事件 寝屋川
「社会との接点」「通報なし」が虐待に 大阪で防止連絡会議
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

国旗の常時掲揚、大阪府・市で「差」 市民団体「トップの認識の違い」と分析(産経新聞)
体が臭くて香水盗む(スポーツ報知)
最高裁長官「裁判員制度の奥の深さ感じる」(読売新聞)
本場さながらのサンバに歓声 シズオカ・サンバカーニバル(産経新聞)
空席目立つ橋下劇場、知事「飽きられたのかも…」(産経新聞)
posted by ヒジカタ エツロウ at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。